2020.11.19
家づくり
知識・情報
住まい

地鎮祭で御祈願!

サポート

みなさん、こんにちは。


いや~最近はいい天気が続きますね!

心地の良い風とポカポカ陽気で眠りに誘われますが

ほんとこんな天気がいつまでも続けばいいのに~。と願うばかりです。


そしてこんな良い天気の中、昨日11/18に地鎮祭が執り行われました!

厳かな雰囲気でお施主様はじめ、チューリップハウスの面々もしっかりと祈願してきました!

とは言いつつ、地鎮祭って何?って方も多いと思います。

なので今回は少しだけ地鎮祭についてご説明したいと思います。

地鎮祭とは

地鎮祭とは氏神様(これから居住する地域の神様)にその土地を利用する許可を得て、

そこに住むことを報告し工事の安全とその家の繁栄を祈願する為の儀式とされています。

なので新しく建物を建設する前に行う儀式なのです。


しかし、必ずしも地鎮祭をやらなければならないというわけではありません。

今住んでいる所の納屋を解体し、その土地に新しくお家を建てる場合

地鎮祭をされないというケースもあります。


されるかどうかは、お施主様で決めることができますのでお気軽にご相談ください。

地鎮祭の流れ

地域によって内容は変わりますがチューリップハウスでは

次のような流れで地鎮祭を行っています。


1、開会の儀

2、お祓い

3、降神(神様をお呼びする)

4、祝詞奏上

5、現場を祓い清める(四方祓い)

6、地鎮の儀

  苅初の議(かりそめのぎ):カマ入れ

  穿初の儀(うがちぞめのぎ):クワ入れ

7、玉串奉奠(玉串を祭壇に奉納する)

8、昇神(神様にお帰り頂く)

9、閉式の議

お施主様がこの盛砂にカマ入れをします!

↓↓↓

社長がクワ入れをしています!

↓↓↓

お施主様の服装に決まりはありませんがお祝いの儀式なのでフォーマルな服装の方が多いです。

男性ならスーツにネクタイ、女性ならシックなワンピース等。


また、地鎮祭を行ってくださる神主様は地域ごとに違うんです。

神主様には、それぞれ担当している地域があるので、

隣接している土地でも、お願いする神主様が違うということも。

「自分たちの土地を担当している神主様がわからない。どうしたらいいの?」

と思われる方もいるかもしれません。

しかし、ご安心ください。

チューリップハウスでしっかりお調べして、神主様にご連絡させていただいております。

お家を建てる前の、地鎮祭。

お施主様にとっては、いよいよここから自分たちのお家が形になっていくんだ、と実感できる儀式だと思います。

自分たちのお家を建てるための地鎮祭となると、人生のうちでそう機会があるわけではありません。

1回きり、運が良くて2回あるかな、というくらいです。

今回の地鎮祭でも、祈願していらっしゃるお施主様やご家族は、

皆さん真剣で、記念撮影の時には揃って素敵な笑顔を見せてくださいました。

地鎮祭とは言うものの、楽しいお祭り!というわけではありませんが、

きっと良い思い出になると思いますよ!