2020.11.30
家づくり
知識・情報
住まい

憧れのウッドデッキ

サポート

憧れの○○シリーズ第三弾です!!

今回は「ウッドデッキ」です。

自分のお家にウッドデッキがある光景って一度は憧れませんか?

ウッドデッキで日向ぼっこをしたり、家族でBBQを楽しむ姿を想像したらとても素敵ですよね。


そこで今日は、ウッドデッキを設置することについて、メリット・デメリットを含めながらお話していきます。


ぜひ参考にしてみてください。

どんなふうに使いたい?

憧れるとは言っても、実際の使用用途のイメージはついていますか?

ウッドデッキをどんなふうに使用するのか、イメージを付けておかないと、将来的に使わなくなるというオチになってしまいます。


そうならないためにも、


どんなふうに使いたいのか?


という土台をしっかりと作っておくことが大切です。

実際こんな風に使われています

【使い方の例】

ホームパーティ

何人か乗れるようなデッキであれば、簡単なホームパーティをすることができます。

晴れた日にはコーヒーとパンケーキを持ち寄ってブランチなんてのもいいですよね。


子供の遊び場に

夏にビニールプールを出して水遊びなんてものいいですね。


洗濯物を干すスペースに

ウッドデッキが設置されるような場所は、日当たりが良く風通しが良い場所が多いので、物干しスペースとして利用するのもありです。

メリット・デメリット

【メリット】は先にお伝えした通り、いろいろな使用用途があってイメージが膨らみますよね。


逆に【デメリット】というと、

お手入れがいる

基本的には、日の光や雨風に常にさらされているので、お手入れを怠るとすぐに腐食してしまいます。寿命は約7年といわれているので、10年以上に伸びるように日々のお手入れは大切です。


メンテナンスが必要

数年に一度塗料で油分を補給したり、木材の痛みが進んでいる場所に関しては、部分的な補修・取り換えを行っていく必要があります。

いかがですか?

ウッドデッキは決して安い買い物ではありません。

だからこそ、メリットデメリットを見極め、

そして、自分の使っている姿を想像して設置を考えてみてください。