2021.02.14
家づくり
知識・情報
お金
住まい
Tuliphouse

ベッドorマットレスあなたが選ぶのは?

サポート

最近布団を敷いて寝ている方って少ない気がしますが、皆さんはどのような寝具で寝ていますか?


私は最近、マットレスを購入しました(´▽`)

なので今はマットレスのみを敷いて寝ています。

ベッドより高さがないので安心して寝られている・・・気がします!(笑)


そんな時、ふと思ったんです。

もしベッドを買い替えなければいけなくなったら、

新築を建てたけど寝具は何にしようか悩んでいたら、


マットレスとベッドはどっちがええんや!と。


なので今回はその2つを比べてみました!

ベッドとマットレスを比較してみた

ベッド

【メリット】

☆ホコリなどを避けられる☆

ベッドには高さが有る為、床から離れて寝ることで床に溜まりやすいホコリなどを避けることができます。


☆立ち上がりが楽になる

年齢を重ねるにつれ立上がることが億劫になっていきますが、

ベッドは高さがある分、座った状態から立上がる事が楽になります。


☆選択肢が多い

ベッド一つを取っても選択肢は豊富です。

収納付きベッド・子供用二段ベッド・電動ベッド・ローベッド…etc

オシャレなベッドも豊富なのでお部屋のインテリアにもなります。


【デメリット】

☆場所をとってしまう

ベッドを置いてしまうと、部屋の大体のスペースを取ってしまい圧迫感や狭さを感じてしまうことも。

また寝ていない間はデッドスペースになってしまいます。


☆移動させることが難しい

部屋の模様替えをしたい!と思っても、ベッドは重く、なかなか1人で動かすことが難しいです。

ベッドヘッドやフレーム等を分解できるベッドもありますが、手間はかかりますね。


☆干す時が大変

ベッド用のマットレスは高さがあり重量もある為、気軽に干せません。

立てて干したり、湿気がこもらないよう除湿対策などが必要です。

マットレスのみ

【メリット】

☆費用が抑えられる

マットレスのみを敷いて寝るので、ベッドフレーム等を購入しなくて済みます。

価格はピンキリですが、出費の削減となりますね。


☆空間を広く使える

折り畳み式のマットレスであれば、使わないときは折りたたんでしまうことができます。

折りたためなくても壁に立て掛けることもできるので、部屋を広く使うことができます。

またマットレス自身を移動することも簡単にできます。


☆畳の部屋にも使える

敷布団と近い感覚で使用することが出来るため、畳の部屋でも使うことができます。

ベッドは畳の部屋で使用してしまうと畳を傷付ける可能性も。


☆寝ている時に落ちる心配がない

ベッドのような高さがない分、落ちる心配もありません。

もし寝相が悪くてマットレスから落ちたとしても大きなケガなどは少ないでしょう。


【デメリット】

☆カビが発生しやすい

マットレスを床に直置きしてしまうと、床とマットレスの間にすき間がなくなり、通気性が悪くなってしまいます。

その為、寝汗や湿気などがこもりカビが発生してしまうことも。

敷きパッドや除湿シートを敷くなどの対策も必要です。


☆オシャレになりにくい

マットレスのみを敷いてしまうと、【オシャレなお部屋感】は無くなってしまいます。

敷きパッドや掛布団シーツなどで模様などは替えれても、ベッドのようなオシャレなインテリア!とはなりにくいです。


☆ホコリなどを吸いやすい

マットレスは高さがない分、床に近いためホコリなどを吸いやすくなってしまいます。

また、脚が高いベッドであればベッド下のホコリも掃除しやすいですが、マットレス直置きの場合は掃除をするときに、

いちいちマットレスを持ち上げる必要があり少し億劫に感じることも。

最後に

ベッドとマットレスを比べてみましたが、いかがだったでしょうか?

ベッドにもマットレスにも良し悪しが合って、こっちを選んだらええ!ということが言えませんね(;'∀')

ライフスタイルに合った方を選ぶのがいいとは思いますが、何を優先するのかを明確にしたらいいかもしれません


・予算的に安く済んで、寝室の空間を広く使いたい⇒マットレス

・部屋をオシャレな雰囲気にしたいし、おまけに立上がるのも楽にしたい⇒ベッド


このように考えると答えは出てくると思います!


そして私は、マットレス直置きをやめようと思います!

だってカビとか繁殖させたくないし、少しでもホコリ吸いたくないし~。

う~ん、マットレスの下に敷くもので何か良いものはないものか・・・。

でも!こんな悩みを抱えている人、結構いるかもしれませんね!

なので、次回はマットレスの下に敷くモノを紹介したいと思います!


では☆