2021.04.08
家づくり
知識・情報
Tuliphouse

現場見学!棚柱を取付け!

サポート

こんにちは、浦田です。


先日、射水市の新築現場を見学しに行ってきました(*^^*)

この日は棚柱をつける作業の真っ最中でした!

棚柱・・・棚を設置するときに必要な支柱。

棚柱の穴に、棚受け金具を取り付け、棚板を置けば収納棚になります。

この棚柱があることで、自在に棚を可動することができるのです!

自分の好みの高さや置きたい物によってスペースを変更できる可動棚。

チューリップハウスでは、新築時に取り入れられるお施主様が多くおられます(^^)/

写真は下地材を探す作業です。

赤いランプがピカッと光っていますが、実はコレとっても重要なサインなんです!


このランプが光る理由は、壁の裏側に隠れてしまっている下地材がココにあるよ!っと教えてくれているサインなんです。


下地材・・・壁や天井に棚や手摺などをつけるときに必要な補強材。

他にも「タイル下地」や「外壁下地」など様々な下地材があります


下地材があると、そこにビスを打ち込むことができるため、棚柱を取付けることができます。

もし下地材がない所に棚柱を取付け、棚を作ってしまうと、物の重みに耐えきれなくなり

棚自体が落ちてしまうという大惨事になってしまうことも(゜Д゜;)

なので、この作業は棚柱を設置するためには重要な作業なのだそうです!


実際に可動棚を取り付けるとこのような感じになります!

キッチン前の収納や、パントリー用の棚などにもよく可動棚が採用されます。


あぁ~お家が完成するのとっても楽しみです(^^)


そして、こちらのお家は4/29~5/5まで予約完成見学会が開催されます!

実際にお家を見てご自身のお家づくりの参考にされてはいかがでしょうか?


では☆