2020.10.05
季節・環境
家づくり
住まい
仕事

ワークスペースは確保できていますか?

サポート

今年は新型コロナウイルスの影響で、

職業によっては在宅勤務をする方が増えたのではないでしょうか?


そんな中で、自身のワークスペースは確保できていますか?

ワークスペースの確保がベストであれば、仕事の効率も上がりそうですよね。


今日は、うまくワークスペースが確保できていない方や、これからそういった場所を自宅に作りたい

という方に、チューリップハウスの施工事例を交えて少し紹介したいと思います。

ぜひ参考にしていただければと思います!

タイプ別にみる

家族の様子がわかるタイプ

LDKが見渡せる場所にワークスペースを

設けることで、家族の様子がよくわかります。

小さなお子様からなるべく目を離したくないという方には最適です。


完全個室の書斎タイプ

完全に個室の空間なので、より集中して仕事ができます。



空いているスペースを利用するタイプ

階段下やキッチン横、家のちょっとしたくぼみを利用して、オリジナルのワークスペースを確保します。

秘密基地感があってちょっと特別な気持ちになれるかも!




いかがですか?

いろいろなワークスペースがあっておもしろいですよね。


家具や壁紙などでご自身のお好みの空間を作ることもできるので、

想像を膨らませて楽しく考えてみてください。

参考に

今日ご紹介した事例の他にも、私たちチューリップハウスの公式SNSに

いろいろな施工事例をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。