2021.11.17
家づくり
住まい

仕様打合わせ~外壁編~

サポート

こんにちは。11月3週目です!
前回は、洗面化粧台、キッチンのお話をしました!
今回は、【外壁編】です!

 

お家の顔と言っても過言ではない外壁選び、
みなさんはどのようにして選びますか?
外壁は外から見た時のお家の雰囲気が決まるので
とても大切です。
また、種類が多くイメージに合った物を
選ぶのは、簡単ではありません。
そこで今回は
チューリップハウスで人気の外壁をご紹介します

 

外壁

チューリップハウスのお客様がよく選ばれる
外壁の種類は2種類あります

・窯業系サイディング

・ガルバリウム鋼板

 チューリップハウスの標準は窯業系サイディングなります
窯業系以外に変更することも可能です(オプション)

 

窯業系サイディング

外壁に窯業系サイディングを採用しているお家は沢山あります
窯業系サィティングはデザイン
カラーバリエーションが豊富で低コストです
チューリップハウスでは主にKMEWの建材を使用しています
https://www.kmew.co.jp/
レンガ調、ウッド調、寄木調など
様々な種類があります!

レンガ調

ウッド調

寄木調
画像引用:KMEW/WEBカタログ 


しかし、防水機能が無く、
ガルバリウム鋼板に比べると蓄熱性も高いので
チューリップハウスのお客様は、
外壁全体を窯業系サイティングではなく
ベースは窯業系ではない物を選び
一部分に窯業系サイティングを採用した
アクセント外壁が人気です

 

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板とは、
ガルバリウムという合金でメッキされた鉄のことです
耐久性耐震性断熱性に優れており、
ひび割れしないため、寿命の長い建材です
汚れが付きにくいので掃除が楽な部分も利点です
最近では、チューリップハウスの
8割近くのお客様が
選ばれる外壁です

2種類のガルバリウム鋼板を使用した
アクセント外壁

 

2種類のガルバリウム鋼板を使用した
アクセント外壁


しかし、窯業系サイティングのように
種類が多くないので、ガルバリウム鋼板のみを
選ばれるお客様より、一部分に窯業系サイティング採用した
アクセント外壁にされる方が多いです

 

窯業系サィティングは低コストで
種類が多い部分が利点ですが
メンテナンス周期が短いため長い目で見ると
メンテナンス費用が多くかかってしまいます
ガルバリウム鋼板は丈夫で寿命が長く
メンテナンス費用が
あまりかからない部分が利点ですが
しかし種類が少ないため思い描いていた
建具を見つけれない可能性があります

 

チューリップハウスのお客様の多くは
ベースはガルバリウム鋼板を選ばれ、
一部分部分に窯業系サイディングを選ばれる
ケースが多いです
この組み合わせにすることで
デザイン性と機能性を叶揃えた
外壁にすることができます
実際にチューリップハウスのお客様の
施工事例を
ご紹介します

施工事例

ブラックのガルバリウム鋼板と
ブルレチタンアンバーの窯業系サイディングの
アクセント外壁

ウールホワイトのガルバリウム鋼板と
ブルレチタンアンバーの窯業系サイディングの
アクセント外壁

人気の組み合わせは
ブルー、ブラック系のガルバリウム鋼板と
ブラウン系のウッド調窯業系サイディングです
また同じ色味で2つの外壁を合わせたり
ホワイトやグリーン系のガルバリウム鋼板と
ブラウン系のウッド調窯業系サイディングの
組み合わせもオシャレです

 

外壁は外から見た時のお家の印象を決める
大切な部分です
家族で相談して、じっくり決めて頂きたい部分です!
チューリップハウスでは、お客様の要望や、考えを
ヒアリングして、施工事例を参考にご提案もしています
思い通りのお家づくりを一緒に叶えましょう!



来週は
仕様打ち合わせ~クロス編~です
施工事例や、おすすめのクロスをご紹介します!
お楽しみに!!