2022.06.29

グランドカバー

サポート

暖かくなるにつれて目立つ雑草ですが
皆さんはどのように対策していますか?
お家を建てられた方でしたら
敷地内の雑草は避けることのできない課題です。
チューリップハウスの敷地内も
砂利部分はすべて防草シートをしているにも関わらず
4月ごろから雑草が生えてきます。
花壇スペースの雑草の生命力はすごく
草むしりをしても数日後にはまた生えてくるので
この時期は草むしりも業務の一環になっています。
防草シートの有無で雑草の成長スピードや範囲は変わってくるので
防草シートを敷くことをおすすめします。
しかし、花壇スペースに防草シートを敷くわけにはいかないので
草むしりが必要になりますよね。
草むしりはカマで行うと楽にできるので
カマを使われる方が多いと思いますが
カマの場合、根っこが残りやすく
すぐに雑草が生えてくる原因になります。
しかし、一つ一つカマを使わずに草むしりをすると
かなりの時間と、労力を使うことになりますよね。

皆さんはグランドカバーを知っていますか?
グランドカバーとは地を這うように広がる植物のことです。
グランドカバーは横に広がるイメージで、
グランドカバーをすることで
雑草の種子の発芽を抑えることができます。
また、綺麗に広がっている植物を見ていると
「癒される」のような、心理的な効果もあります。
グランドカバーに適している植物はたくさんあり
花を咲かせる植物や香りがいい植物、
日陰を好む植物や、日光を好む植物など
色々な種類があります。
お花を楽しみたい方にはクラピアや
タピアンがおすすめです。
クラピアは白くて小さい可愛いらしい花が特徴です。
苗を植えてから約2か月でグリーンカーペットのように広がります。
開花時期は5月~9月頃で。
時期によって、グリーンカーペットと
フラワーカーペットを楽しむことができます。
日当たりと風通しが良い場所を好み、水はけのいい土がおすすめです。
タピアンはピンクやパープルの花が特徴です。
病気に強く雑草防止になります。
開花時期は4月~11月で
約半年間花を楽しむことができます。
日当たりがいい場所を好み、直射日光にも強いので育てやすいと思います。
香りを楽しみたい方にはミントがおすすめです。

ミントは育てやすく、繁殖力が強いので
グランドカバーに向いているハーブです。
種類によっては広がりすぎてしまう恐れがあるので
あまり広げたくない方には比較的生育の穏やかな
コルシカミントなどがおすすめです。
今回紹介した植物以外にも
グランドカバーにぴったりの植物がたくさんあります。
植えたい場所や、面積にあった植物を選んで
グランドカバーを始めてみてはいかがでしょうか?
今の時期はちょうど植栽敵期のものが多いので
是非、始めてみてください!